約22年続いたスマブラシリーズ完結から1週間経っても感動の波が引かない

Pocket

勝手にシリーズを完結させようとしていますが、1ゲーマー個人としてはこれがスマブラの最後だと思っています。最後の発表キャラを見るずっと前からスマブラSPでシリーズ完結だと。
もしこれで完結じゃなくなったとしても、それはそれで嬉しいし、もし次回作がなくても全然納得している、という感じです。正直これ程完璧な最後を迎えているゲームは他にないです。なんだかんだゲームって次回作が欲しくなるものです。

 

スポンサーリンク

何回ソラの参戦PV見ても涙が出てくる

恒例の海外の反応動画を見ても全然泣ける。
※この記事は筆者のどうしようもない気持ちを書く事でどうにかしようとするためのものです。

ソラ参戦

【スマブラSP】ソラのつかいかた – YouTube https://www.youtube.com/watch?v=49x_45uSuQg

 

 

 

 

 

 

 

 

22年前、最初は12人のキャラクターから始まった

1999年1月21日にNINTENDO64から発売されました。
当時小学生ぐらいだった筆者はこのゲームでそこそこ遊びました。

スマブラ64

今振り返ってみると隠しキャラは2人だったように記憶していましたが、4キャラが隠しキャラでデフォルトだと8キャラしか操作できなかったんですね。完全に忘れていました。
確かにパッケージを見ると8人しか居なかった。

この時点でスマブラはゲーム原作のキャラしか出ないという事が明確でした。
それが最後の参戦キャラまで守られています。
確かによく言われるドラゴンボールの孫悟空などの参戦は一部界隈で望まれていましたが、最後の最後までゲームのキャラだけの大乱闘ゲームというのを突き通しました。

 

 

 

 

 

 

 

ディスクに傷が付きすぎて起動が困難になるほど遊んだスマブラDX

ディスクの傷問題は、当時自分も自分の周りも子供だらけだったので管理が酷かったのは仕方ないと思って欲しい。
スマブラDXは2001年11月21日にゲームキューブから発売されました。

スマブラDX

当時はまだネットを利用できる環境ではなかったので全て独学でしたが、地元では強い方だと思っていました。しかし数年後ネットに浸るようになって、全然自分は強くなかったと知りましたよね。

DXではマリオとポケモンとリンクとスターフォックスのキャラが増えたなぁという印象でした。そもそも今のスマブラSPが異常なだけで、元々スマブラは任天堂ハードで出ているキャラが大乱闘するゲームだと思ってました。
ファイアーエムブレムとゲーム&ウォッチはどちらも新規参戦タイトルでしたが、任天堂ハードから出ているので任天堂のキャラっていう印象でした。

 

 

 

 

 

 

 

ここでゲーマー個人としては引退したスマブラX

今ここまで読んでくださった方が、「えっ?」って思われているかも知れませんが、筆者個人はX以降のスマブラをやっていません。
おいおいそれなのにスマブラSPの最後に感動したとか言ってるのか、と思われた方は本当にすみません。
こう考えてください。引退しているプレイヤーでも最後の参戦キャラクターへの関心は凄かったんだと。キングダムハーツを未プレイだったとしてもソラの参戦で感動して、それで納得できたんだと。

スマブラXは2008年1月31日にWiiから発売されました。
こう見ると初代からDXの間は短いですが、DXからXは結構な時間が空いてますね。

スマブラX

スマブラXが発売した当時、筆者はWiiを所持していませんでしたので、友達の家で遊んでいました。なのでDXほどゲームをやり込む事も出来ませんでした。シリーズ初のアドベンチャーモードは最後まで遊んだ記憶があります。スマブラSPのDLCでラスボスのあのキャラが来るか?と考えたこともあります。

スマブラXで他社とのイかれてる(褒め言葉)コラボが始まりました。
KONAMIのMGSのスネーク、SEGAのソニックという、どちらも多くの人がどこかで見たことある有名なキャラがスマブラに参戦しました。
この作品でスマブラはより世界で広く関心を集めるようになったのではないでしょうか。
アドベンチャーモードという挑戦はとても刺激的で対戦ゲームの殻を破ったと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

スマブラを一緒にやる友人が居なかったスマブラfor

友人が居なかったわけではありません。もう友人と頭空っぽにして対戦ゲーをやるような年齢ではありませんでした。ゲームで相手をボコボコにし続けても良い関係を保てるような年代ではなく、例え仲の良い友人であっても忖度は必要でした。

スマブラforは3DS版が2014年9月13日、WiiU版が12月6日に発売されています。
この作品で本格的に良い意味で壊れ始めたように思います。

スマブラfor

シリーズ初の携帯機向けのスマブラ&家庭用機とのマルチプラットフォームに対応しました。
当時まさか携帯機にスマブラが来るとは思いもしませんでした。
ここでXから2作品続いて登場しなかったキャラが生まれ、もう参戦は絶望的かと思いました。
人気だった他社から参戦のスネークも削除され、権利的にも大変なんだろうなという印象は強かったです。

CAPCOMからロックマン、リュウ&ケン、バンダイナムコからパックマン、スクエニからクラウド、SEGAからベヨネッタというとんでもないキャラクター達が続々と参戦。
特にクラウド、ベヨネッタの参戦では盛り上がりが大きかったように思います。

 

 

 

 

 

 

 

スマブラシリーズ完結作のスマブラSP

つい先日2021年10月5日に最後の参戦キャラであるソラが発表されました。
あのキャラは来ないだろうな、というキャラが沢山参戦しましたよね。
任天堂と因縁(?)のある会社のキャラクターも参戦し、本当に最後のお祭り感が出始めました。

スマブラSP

最初のニンダイでの発表の映像は今見ても感動的です。
海外の反応動画を見るとこれだけの多くの国で多くの人達が任天堂の作るゲームに心を動かされているのだと感じられます。
2作品出なかったキャラが復活するだけではなく、復活が大変そうなスネークまでもが全員参戦、この時点で世界一のお祭りゲームになっていたと思います。

スネークに続きKONAMIからシモン&リヒター、アトラスからジョーカー、スクエニから勇者、Microsoft(レア社)からバンジョー&カズーイ、SNKからテリー、Microsoft(Mojang)からスティーブ、スクエニからセフィロス、バンダイナムコからカズヤ、ディズニー&スクエニからソラが参戦。

こうして書いていてもビックリするキャラクターだらけ。
ペルソナ5のジョーカー参戦の映像は演出が完璧でしたよね。
誰もが最初はペルソナ5の映像が流れて、スマブラだ!とはならなかったはずです。

 

 

勇者参戦は、ネットではよく国歌と呼ばれ親しみのある序曲が流れた時は誰もが震えたと思います。
ドラクエシリーズをプレイした事がなかった筆者でも過去作の主人公達が助けに来たシーンは鳥肌が凄かったです。

 

そして参戦して欲しいけど、難しそうなキングクルールとバンジョー&カズーイの参戦。
ドンキーコングもバンカズも両方64でプレイしていた筆者はとても嬉しかったです。個人的には全参戦キャラクターの中でバンジョー&カズーイの参戦が最も心が踊ったように思います。

 

 

これだけ多くのゲーム会社が手を取り合い、一つのゲームにこれだけのキャラクターを出演させるゲームは他にありません。これから先に生まれる可能性も怪しい。

スマブラのこの終わり方はゲーム史上最高の終わり方だったと思いませんか。ディズニーからの参戦は誰もが無理だと、確かに参戦して欲しいけど、無理だと何度も思ったことでしょう。この点が日本だけでなく、海外でも共通認識だったのだろうと海外の反応動画を見て思いました。

参戦キャラクター希望アンケートで1位を取っていたソラが権利問題などで参戦できずに別のキャラが代わりに参戦して、その数年後にそれらの問題を全て解決し、無事参戦するという完璧な流れ。映画か何かか?というレベル。

 

しかし今でもゲーマーですから、スマブラ以外の色んなキャラクターが登場するコラボレーション作品の登場には期待しています。大乱闘ゲーム以外に色んなキャラが登場しやすくて、登場してもそれが腐らないゲームジャンルってなんでしょうね。レースゲーなんかは簡単そうかもしれませんが、キャラクターの個性を活かすのが難しそうです。

何が言いたいかって言うと、また日本中、世界中で一つのゲームについてあーだこーだ盛り上がる所を見てみたいからかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おわりに

書いていて途中からそこまで自分の頭から上手く言葉が出てこない事に気付きましたし、途中から何を自分の頭の中から出して、何を出していないかがよく分からなくなりました。
長い駄文をここまで読んでくださった方は、ありがとうございました。

現在You Tubeのオススメに今までの参戦キャラの海外の反応動画が無限に回ってくるので、この感動のループから抜け出すのに数日はかかりそうですが、人が自分の好きな物で感動して泣いたり、喜んでる映像ってこっちまで嬉しくなって来ませんか?筆者はそうなります。

キャラ自体は知っていてもそのゲームをプレイしていないから納得できないなんて事はないと、この最後のソラの参戦で分かりました。最後の参戦キャラは誰であっても荒れるだろうなと思っていましたが、とんでもなく綺麗に収まりましたよね。

おわりにって書いておきながらダラダラと書けそうなので、全然まとまっていませんが、雑に締めます。
ありがとう桜井さん。ThankYouSakurai.

 

大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL | Nintendo Switch | 任天堂 https://www.smashbros.com/ja_JP/index.html

Pocket