大事なPCのデータはクラウドに保存しておこう


1度でもPCが壊れてデータが消えた人はクラウドに保存しておこう、という気になります。
しかし大切なのは失う前に対策をしておくことです。
最近は地震が多いですから、いつPCが壊れてデータを失うか分かりません。

とりあえずGoogleドライブに入れておく

写真でもメモでもセーブデータでもとりあえずドライブに投げましょう。
無料で15GBは使えるので、動画データなどの巨大なファイルでなければ足りなくなる事はあまりないでしょう。

仕事や個人で使えるクラウド ストレージ – Google ドライブ https://www.google.com/intl/ja_ALL/drive/

あまりにもファイルが多いなら外付けに

PCにあるデータを全てバックアップを取りたいならクラウドは容量が少ないので不向きです。
昔ながらの外付けHDDなどがオススメになります。

大量にファイルがある場合はまとめて圧縮すると容量が削減できます。
使わないけど消したくない古いファイルなどはまとめて圧縮すると良いでしょう。

メモはGoogleドキュメントやKeepなどもあり

はじめからメモをクラウド上で書いて保存すると楽です。
スマホでも同じサービスを利用するとスマホでも更新できるし、確認ができます。

動画データはYou Tubeなどの動画サイトに非公開で投稿して管理する方法もあります。
なんせYou Tubeは容量が無制限ですから。
ただ動画を置いておくなら最強のサービスかもしれませんね。

おわりに 1回やらかすと嫌でも覚える

筆者は何度かPCが壊れてデータとお別れした経験があるので、消えて困るものはクラウドで保存しています。
ただ癖でメモのファイルは日々ローカル上に沢山生成してグチャグチャになっていますが。
このような記事を書きながら、「そういえば全然ローカルにバックアップの取ってないメモが大量にある」という事に気付きました。
まぁ消えても大した問題ではないゲームのメモだったりするんですけど…。

面倒でも一度保存しておくと、いつか役に立つ時が来ます。
これは経験談です。
とんでもなく昔のバックアップでも、何もかもデータが消えた時には役に立ったり、助かった気持ちになります。

筆者もこれから雑に放置していたメモをクラウドに上げる作業をしてきます。
全部のデータはバックアップを取らなくても、これだけは、みたいなデータはクラウドにコピーを取っておく事をオススメします。