【未解決】WordPressの記事本文のcssに勝手にpointer-events:noneが挿入されている問題

WordPress

タイトルにある通り未解決です。ランダムに発生していてよく分かっていません。起きた時にメモを忘れたので次起きたらメモします絶対に…。

スポンサーリンク

記事のリンクが機能しなくなる

今残してあるメモすら簡潔過ぎて情報がないんですけど、多分aタグに「pointer-events: none;」これが入ってたと思います。何かしらを挿入した時にバグってるのかもしれない。リンクも画像もクリック出来なくて普通にやばい。過去の記事に影響しないのが救い。

スポンサーリンク

調べてもすぐに情報が出てこないのでおま環っぽい

最近は発生していないので大体の予想は付いていますが、断定できないので未解決という事にしています。自分も自分で何故ちゃんとメモしていないのか…。対処した時の事を全くメモしていない…。おそらくバグってる記事を手動で修正していたはず。

根本的な解決にはならないけど投稿した記事をちゃんと確認するのって大事ですね。私の場合基本的に記事は予約投稿なのですぐにチェックできないが痛い。プレビューは地味に仕様が違う時があるので。

定期的にトップページや2ページ目、記事本文を巡回するのも大事という話。

スポンサーリンク

追加の考察と対策(AI)

この問題は非常に厄介で、原因の特定が難しいようです。しかし、いくつかの追加の対策や調査方法を考えてみましょう。

  1. プラグインの影響:使用しているプラグインの中に、CSSを動的に変更するものがないか確認してみましょう。特に最近インストールしたり更新したプラグインがあれば、それらが原因である可能性があります。
  2. テーマの互換性:使用しているテーマとWordPressのバージョン、またはプラグインとの互換性の問題かもしれません。テーマの開発元のサポートフォーラムなどで同様の問題が報告されていないか確認してみるのも良いでしょう。
  3. キャッシュの影響:サーバーやブラウザのキャッシュが古い情報を保持している可能性もあります。キャッシュをクリアして問題が解決するか試してみましょう。
  4. コンソールログの確認:問題が発生している時に、ブラウザの開発者ツールでコンソールログを確認してみてください。JavaScriptのエラーなどが表示されていれば、それが手がかりになるかもしれません。
  5. バージョン管理の導入:GitなどのバージョンCSSファイルの変更履歴を追跡できるようにしておくと、問題が発生した時点での変更を特定しやすくなります。
  6. 自動テストの導入:可能であれば、記事投稿後に自動的にリンクやクリック可能な要素をチェックするスクリプトを導入することで、問題の早期発見につながるかもしれません。

これらの追加の対策を講じることで、問題の再発を防ぎ、発生時の原因特定をより容易にできる可能性があります。また、継続的な監視と迅速な対応が、ウェブサイトの健全性維持には不可欠です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました