低スペックPCが原因で発生するバグは素直に諦める心が大事

Pocket

お久しぶりです。生きています。
サーバーの契約更新をしていたので、ついでに記事の更新もしに来ました。
何故かアクセス数が下がってないなと思ったら、通話アプリの解説記事が伸びてました。
確かに最近は通話アプリ必要ですよね…。

 

 

 

スポンサーリンク

低スペックPCが原因で発生するバグは素直に諦める心が大事

また技術的な話ではなく、精神的な話になりますが、大事なんですよこれが…。
ソースコードとかのバグの話ではありません。
それは頑張って解決しましょう。
主に私用でパソコンを使っている時の話だと思います。

 

バグ

 

 

試行錯誤する気持ちはよく分かる

低スペックPCを長年使っていたし、今もどちらかといえば低スペックなので、
どうにかならないかと試行錯誤した事は無数にあります。

ですので、試行錯誤する気持ちはわかります。
試行錯誤する事で色々な物を理解していくというのもわかります。
なので、パソコン初心者に対する記事ではありませんねこれは…。

もうある程度パソコンやインターネットやその他の事について理解していても、
どうにかならないか、という精神はいつまでも残っています。(自分が実際にそうだから)

自身が試行錯誤を繰り返す事で、どんな低スペックが原因のバグに出会っても、
試行錯誤の末に付いた知識が諦める事を遠ざけている悪循環。

解決できるバグもあれば、解決できないバグもあったはずなのに、
とりあえず何とかならないかと試行錯誤する時間がある。

何が悪いのかといえば、時間が取られることと、ストレスが溜まる事です。

 

 

学びは重要ですが、時間と精神状態も重要です。
解決できるバグならまだしも、低スペックが原因なら解決方法は、
高スペックPCを使うことが最適解です。

多少の時間悩み、多少のストレスを溜める事は学びでもあるので、良いでしょう。
ですが、1日かけて試行錯誤して結局無理だった時に溜まるストレスを考えて下さい。

低スペックなPCが原因だからどうしようもない、仕方ない。

悲しいけど、この考え方は大事です。
何事にも諦める心はあって良い。

Pocket