【画像付き】スマホ通話アプリ「Discord」すぐわかる使い方解説

Pocket

通話アプリと言えばskype、LINEという方もいるかもしれません。
ですがDiscordがオススメです。通話の音質も良ければ、声が途切れる事もありません。
※環境に左右される可能性はあります。

スポンサーリンク

スマホ通話アプリ「Discord」すぐわかる使い方解説

Discordは優れたアプリではありますが、1箇所気を付ける点があります。
そのついでに登録から通話までを画像付きで解説していきます。
Discordは色々な機能があるアプリですが、この記事で全ては補足しません。

Discord – ゲーマー向け無料ボイス&テキストチャット
https://discordapp.com/

まずは登録

の前にDiscordのアプリをダウンロードしておいて下さい。
Discordはブラウザ(音質が悪い)でも利用できますが、アプリ版一択です。

まず最初にアカウント登録をします。

  • ユーザー名
  • Eメールアドレス
  • パスワード

ユーザー名は後から変更も可能です。同じ名前の方が居ても登録はできるはずです。

※灰色の■はモザイクです。

ログインするとフレンド欄が表示されます。最初は誰もいないはずです。
次は最初に言っていたDiscordで1箇所気を付ける点の解説です。

Discordで気を付けるのはこの1箇所

Discordで多くの方が引っかかった要素だと思います。

  1. 画面左上の「横三本線」をタップ
  2. 左からメニューが出てくるので右下の「歯車マーク」をタップ
  3. ユーザー設定画面の「音声・ビデオを」タップ

  1. 「入力感度を自動調整します。」の青ボタンをタップ
  2. その上に「感度」とバーが表示されるので、画像のように左の方に丸を移動させる
  3. 設定終了

この設定をする理由ですが、
Discordは入力感度を自動調整することで、人の声だけをマイクに入れようとします。
それが原因で小さな声や声質によっては語頭語尾、
ひどい場合は声がほとんど聞こえないようになってたりします。

初めてDiscordを触った時はお互いの声が聞こえなくて困りました。

フレンド登録のやり方

フレンド登録は最初の画面の右上の一つ左のボタンをタップ、

フレンドに追加という画面が表示されるので、Discordの名前とタグを入力します。
(左上の横三本線をタップした後に左下に表示されてたり、ユーザー設定の所に表示されています(下画像)。)

半角全角、大文字小文字それぞれしっかり入力する必要があります。
同じ名前にしても#の後ろのランダムな数字でアカウントが判別されます。

フレンド申請が送れた場合、相手側に承認待ちと表示され、追加するをタップするとフレンド登録は完了です。

通話のやり方

通話のやり方はいくつかあります。

  1. 画面左上の「横三本線」をタップ
  2. 左からメニューが出てくるので「通話したいフレンド」をタップ

  1. ダイレクトメッセージ画面の「右上の縦三点」をタップ
  2. 「通話を開始」をタップ

上記のやり方はフレンド登録している場合の通話のやり方になります。
次は上記のやり方よりメジャーな方法を解説します。

通話する部屋(サーバー)を作って、招待して通話する

ネット上ではこちらの方がメジャーになっていると思います。
SNSに貼り付けてここで通話しているので参加したい方はこちら、みたいな事ができます。

  1. 左上の横三本線をタップして表示される左メニューの左端中央の+ボタンをタップ
  2. 画面下部の「新しいサーバーを作成」をタップ

  1. 「サーバーを作成」の「サーバー名」を入力(後から変更可)
  2. 「サーバー名」入力後、画面右上の新規作成をタップ
  3. 「友達を招待」という画面になったら、URLををコピーして招待したい方に送る

URLに「有効期限」、「最大使用数」が設定可能です。
使う条件に合わせて変更すると良いでしょう。

招待を貰って部屋に入ると、「TEXT CHANNELS」にサーバーに入った事が表示されます。
通話するには、左上の横三本線をタップして左メニューを表示して、「VOICE CHANNELS」の「General」をタップします。

ボイスチャンネルに入ると、画面下部の「ボイスチャンネルに接続」をタップすることで、通話する部屋に入ったことになります。

画面下部のボタンは、

  • 左のヘッドフォン:全ての音声をミュートする
  • 中央のマイク:自分のマイクをミュートにする
  • 右の受話器にバツ:通話をやめる

丸い画像アイコンの周りが緑色の時は、喋っている時を表しています。
赤色の時は、マイクをミュートにしている時を表しています。

通話相手のアイコンの右のボタンをタップすることで個別に音量を設定可能です。
スマホ版は音量を下げる事しかできませんが、PC版は音量を上げる事もできます。

最後に

思った以上に長くなってしまいましたが、やっていることは単純です。
できるだけ画像を作ってみようと思ったので、テキストで分かりそうな所も画像を使っています。

Discordは便利ですが、使っているユーザーは多くありません。
LINEは誰でも使っているのでそれを使う気持ちもわかりますし、昔からskypeを使っているというのもわかります。
しかしDiscordは停滞していた通話サービスの中でも革新的です。
通話環境、自由なボイスチャット、幅の広い設定、追加されていく機能、etc。

アプリを入れて、登録をして、招待URLを貰って部屋に入ればすぐに通話は始められます。

是非使ってみて良いと思ったら周りの人にも紹介してみて下さい。
え?もう1回言って?というのが減って私は助かっています。

Pocket