Apexを野良でやるならマイクはミュートにすべし


もうタイトルで内容が全てになりますので、中身はペラッペラです。
もちろん野良の方とお話したい!という方や野良でも協力して戦いたい!という方はスルーしていただければと思います。

Apexを野良でやるならマイクはミュートすべし

筆者はマスターやプレデターを目指したことはありませんが、そういうプレイヤーは野良ではなく固定、もしくはSNSで一緒に上を目指せる方と一緒にやった方が良いと思います。
今回はそれらの例外を除いたプレイヤーに向けての記事になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

そもそもApexはそこまでボイスチャットで共有する事がない

ヴァロラントはボイスチャットが必須レベルのようですが、Apexはボイスチャットでの連携の必要はそこまでありません。
もちろんボイスチャットで密に連携を取った方が強いとは思いますが、Apexをただ楽しむ分には自分が喋る意味も相手が喋っているのを聞く意味もありません。

ランクで上を目指したい場合でも、しっかりピンで報告すればボイスチャットを使う必要はそこまで感じません。
確かに特殊な場面ではピンでの報告が難しい事もありますが、そんな場面が毎試合ある事は稀です。

それ以前に悪意のあるプレイヤーに精神的苦痛を負わされる可能性をミュートで下げる事ができます。

マイクをミュートにする理由のほとんどがそのためです。
むしろそれ以外にない、と言っても過言ではありません。

画像はPS4版のApexのキャラクター選択画面になりますが、毎回画面の右下に律儀に表示されています。
PC版の場合はデフォルトだと「Fキー」でしょうか。(間違っていたらすみません)

多分設定でもマイクをミュートにする方法があると思うので、毎回ミュートにするのが面倒な方はそちらを設定してみるとよいでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

この世に聖人しか居なかったらボイスチャットしまくってる

長年ネットに居ると、野良は危険という意識は嫌でも付きます。
それはApexだけに限らず、ネット上で出会う事になる全ての野良、つまり知らない人は危ない可能性があります。

まぁこの辺りの意識は現実でも同じだと思います。
子供の頃に「知らない人について行っちゃいけないよ」と言われるのと同じです。

もちろん野良の方との良い思い出は筆者にもありますが、その数倍、精神的苦痛を負わされた経験もあります。
頭ごなしに野良を否定するわけではありませんが、自分が傷付く前に自衛しては如何でしょうか、という記事でした。