ゲーム制作者へ、このキーコンフィグだけはやめて下さい


大喜利でも何でもなくて、本当に嫌なキーコンフィグを1つ書きます。
筆者は100本ゲームをやったら95本はエンディング見るまでやる派です。

ゲーム制作者へ、このキーコンフィグだけはやめて下さい

キーコンフィグだけでゲームを評価はしませんが、まずゲームの最初の方に触れる事になるキーコンフィグって実は大事な要素だと思ってます。
個々のゲームに自分が順応すべきという意見もありますが、最低限の設定ぐらいはさせて欲しいです。

キーコンフィグはあるけど全く自由に設定できないタイプ

キーコンフィグがないゲームは、「ないなら仕方ないか」となるのでそこまで悪い感情は出てきません。
問題なのは、キーコンフィグできますよと見せておきながら、「あ、その設定は無理ですw」みたいな物がたまにある事です。

以下はゲームを特定されないためにある程度ぼかした内容になります。

①「しゃがむ」の操作がデフォルトだと「Cキー」になっていたので、「Ctrlキー」にしたい。

まぁPCゲームだとよくある問題だと思います。
この時点ではじゃあ「Ctrlキー」と「Cキー」入れ替えればいいかと思っていました。

②「しゃがむ」を「Ctrlキー」にした後、元々「Ctrlキー」だった操作を「Cキー」に設定しようとすると、更に別の操作に割り当てられていると警告される。

この時点で「は?」となった自分だけではないと思いたい。
1つのキーに複数の操作が割り当てられている事はたまにあるので理解できますが、じゃあ他のキーも複数割り当てられて良くないですか?

つまりそのゲームは、デフォルトのキーコンフィグでは1つのキーに複数の操作を割り当てられるのに、自分でキーコンフィグをする場合は絶対に1つのキーに1つの操作しか登録させない、という理不尽な仕様になっているのです。

③こうなるとデフォルトの設定で頑張るしかない

何度も書きますが、これだけでゲームの評価は決めません。
ですがゲームの評価って積み重ねだと思いませんか?
ストレスも大小関係なく、溜まるといつか爆発しますよね。

この後もそのゲームであまりにも面白くない事が起きて、どうやってこの気持ちを発散しようかと考えて、とりあえずこのクソみたいなキーコンフィグについて記事にしようと思ったわけです。

おわりに

普段はこんなにキーコンフィグ1つで嫌な気持ちになる事はありませんが、そのゲームはその前もその後も良くなかったんです。

それについてはまたいつかまとめるかもしれないし、まとめないかもしれません。