Twitterのアカウントの凍結を回避するために

Pocket

最近よく見るTwitterのアカウントの凍結問題。
ネットで有名な方のアカウントが次々に凍結される事があり、話題になっています。
原因はTwitter社にしかわかりませんが、他人のアカウントを容易に凍結させる方法が存在しているということです。

スポンサーリンク

Twitterのアカウントを凍結されないために気をつける事

この記事では、凍結される可能性を少しでも下げられたらいいな、というくらいの内容です。
根本的な回避方法はTwitter社の人間にしかわからないでしょう。

Twitter
https://twitter.com/

Twitterルール違反 ガイドライン
https://support.twitter.com/articles/486421#specific-violations

アカウントが凍結されるかもしれない理由

普通にTwitterをやっていて、凍結されるかもしれない行為は大体以下の通り。

  • リンク付きのツイートばかりする
  • 短時間に大量のフォロー
  • アカウントを複数作成する(期間を置いても不可)

そして最近の他人のアカウントを凍結させているかもしれないのは以下の通り。

  • 攻撃的な行為の文字を含むツイート
  • 暴力、自殺や自傷行為の文字を含むツイート
  • ヘイト行為の文字を含むツイート

おそらく普段のツイートの「死ね」や「殺す」等のワードをロボットが機械的に処理をしているものだと思います。
単純にこれだけユーザが居て、目視でアカウントを凍結していることはないだろうという考えから来ています。
そして個人的には日本語の性質上、回避は簡単なように思います。

ネットを利用していると見たことはあると思いますが、
言葉を別の単語で表現する事です。

ロボットは単語が完全に一致した場合のみを選んで処理していると思われます。
英語では出来ない表現が日本語ではそれこそ2つや3つでは済まない以上に表現が可能です。

面倒かもしれませんが、直接的な表現は極力避けることが凍結されない術の一つかもしれません。

まとめ

攻撃的等の言葉の直接的な表現を避ける事が、個人的には一つの方法ではないかと思います。
例とするなら、

  • 殺す → さつす、ころぬ、56す、コ口ス(口はくちの変換)
  • 死ね → 4ね、タヒね、よんね、5ね

直接的な表現は利用しないほうが人には良い印象を与える場合もありますし、
ネットだから、匿名だから何でもツイートしても良いわけではありません。

リスクの管理は個人で考えてやっていきましょう。

Pocket

スポンサーリンク